船での初めての九州旅行

子供が幼稚園に上がる前の年に、家族4人で九州旅行に行こうと計画を立てました。

旦那が会社の勤続10年記念ということもあり、いつもの旅行とは違う雰囲気を味わいたくて、新幹線ではなく、フェリーを利用して九州へ向かう予定にし、

行き帰りのフェリーでそれぞれ1泊と、九州は湯布院で2泊することにし、計4泊5日の初めての長期旅行となりました。

まず、フェリーに乗ることも船で宿泊することも家族では初体験の事だったので、宿泊する部屋で悩みましたが、子供も小さいこともありある程度ゆったり休めることを考えて個室のファーストルームを取り、食事もその部屋ででき、TVも見れたので船内でも家族水入らずで過ごすことが出来ました。

明け方大分港につき、朝から水族館に行ってから、昼からは宿泊予定のホテルへ。

ホテルといっても旅館のような建て物で、宿泊した部屋も受付した建物とは別館の平屋で、そこはとても落ち着いた京都の町家のような雰囲気でした。

部屋に着くなり、立派な和装の玄関があり、中の入ると部屋が3室、大きなお風呂とトイレが1つづつついた本当に素敵で大きなお部屋でした。

この部屋で2日間過ごすのかと思うと、自分達の別荘かのような気分になり、昼からはホテル内の露天風呂や大浴場を周り、紅葉の色づく庭を散策路を散策しながら過ごしました。

食事も毎回、料亭の様に料理長手書きの献立が添えつけされた気持ちの籠った美味しいものばかりでのんびりと部屋で食べることができ、大満足でした。

担当の仲居さんも若くて可愛い気の利く方で、終始気持ちよく過ごせましたし、思う存分贅沢させて頂いた旅行になりました。

結婚してから2件目の新築マンション購入の贅沢

沢と言えば昨年末に購入した新築タワ-マンションです。
それまでに住んでいたマンションも結婚と同時に新築のものを購入して、
ロ-ンを組んでいましたが、当時は共働きだったので4年ほどで完済。

子どもが2人生まれて当時のマンションは2DKと将来は部屋数が足りないということで、
新たに3LDKのマンションを購入することになりました。

このマンションがまた贅沢な造りで、
免震タワ-マンションで内廊下になっており、
エレベ-タ-を降りると絨毯が敷き詰められていてまるでホテルのようです。

さらにホテルを思わせるのが、玄関のエントランスを入れば受付にコンシェルジュがいて、
そこではクリ-ニングなどを取り扱ってくれます。
広々としたロビ-には贅沢なソファ-がいくつも置いてあり、
敷地内の緑に包まれた庭を眺めることができます。

そしてこの庭ではバ-ベキュ-施設があるので、
住人であれば休日はバ-ベキュ-をすることができるのです。

もちろん専有部である各部屋にも贅沢は施されていて、
床暖房はもちろんのこと、環境にも優しいエコジョ-ズを取り入れているので、
風呂を沸かした熱を効率よく使用しています。
そのお風呂も沸かしたい時間に予約できるシステムになっています。

またトイレの水も節水使用なので、以前のマンションに比べて水道代が安くなりました。

一時は同じ値段なら広さのある中古マンションを買おうかとも思いましたが、
やはり新築マンションのここまで贅沢な施設を体感すると、
購入してよかったなと思います。

誕生日に彼からのプレゼントで贅沢気分

今年の誕生日は彼氏に連れて行ってもらい「焼肉屋」で焼肉をジュウジュウして食べました。

焼肉屋で食べたのは本当に久しぶりだったので、とっても美味しかったです。いつも誕生日と言えば仕事の都合で会えなくて、彼と一緒にいることがなかったのですが、今年は偶然お互いに休みだったので、お祝いしてもらうことができました。
彼はお肉大好きなので私以上に頬張って食べていました。私も彼に負けずに食べなくてはと思い、ご飯そっちのけでお肉を食べまくりました。

お腹いっぱいになるまでいろんな部位のお肉を食べて、もう食べられないという思いをしたので、贅沢だなと思いました。本当に美味しくて幸せ一杯でした。
そして帰り際に彼から指輪をプレゼントしてもらいました。残念ながらプロポーズの指輪のような高価なものではなく、前に私が可愛いと言っていた数千円くらいの指輪だったのですが、それを覚えてくれていた彼に感激です。

指輪をはめてもらってとっても嬉しい気持ちになりました。今まで誕生日と言えばいろんなプレゼントをもらいましたが、これが一番嬉しかったかもしれません。彼の気持ちが伝わって来てすごく贅沢だなって思いました。
この二つだけでもすごく嬉しかったのに、帰りにまるまる一個ショートケーキを買ってもらいました。これを自宅で切らずにスプーンを入れたのは幸せでした。丸々一個自分で食べれるというのは本当に贅沢だと思います。この日は本当に幸せな誕生日でした。

ブランドのバッグを購入

私が贅沢だなと思ったのは自分へのご褒美にブランドのバッグを買ったことです。

前からブランド物には興味があったのですが安い給与で働いているため、なかなか購入できませんでした。

購入しようと思ったきっかけは旅行予定がキャンセルされたことです。

友達と海外に旅行に行く約束をしていたのですが、友達の仕事の都合でその旅行に行けなくなってしまい、その代わりにブランドバッグの購入を考えました。
せっかく貯めて来たのに何のご褒美もないと仕事のやる気が削がれると思った私は、自分へのご褒美にいつもなら買わない高級店に行きました。

入った瞬間から雰囲気が違っており、結構緊張しました。ですがもうバッグを見始めると止まらなくなり、あれも欲しいこれも欲しいと思って大変迷いました。

ものすごく可愛いクロエのショルダーバッグを見つけたので悩んだ挙句結局それにしました。

いつも買うバッグとは桁が違っており多少怯んだのですが、海外に行った交通費と思って思い切って使うことにしました。

本当に可愛くて今、愛用しています。周りの子からの反応も良くて、やっぱり買って良かったと思います。

お金を貯めるのも大事ですが、時には使って贅沢気分を味わうのも良いなと思います。
ただあれ以来ブランド物を物色するようになってしまって、いつ我慢が切れるかと自分が心配です。

気を付けたいと思います。今度また旅行予定があるのでそれまでにしっかりとお金を貯めてまたちょっとした贅沢をしたいと思っています。

旅行先で神戸牛入りカレーを食べた

友達と神戸に旅行に行ったことがあるのですが、その時にせっかく来たのだから神戸牛を食べなくてはと思い、旅行の最終日の夕食に「神戸牛入りカレー」を食べました。

本当はステーキを食べるつもりだったのですが、友達と被るので別のものを食べたくなりました。そんな私の目に映ったのが神戸牛入りカレーです。
価格はステーキの値段とほとんど同じであり、驚きました。カレーなのにと若干思いましたが、それでも興味がありましたし、カレーが好きだったのでこのメニューを選びました。

ワクワクドキドキの神戸牛までは友達と盛り上がって、色々とおしゃべりを楽しみました。

数十分経過してやっと一番初めにやってきたのが私のカレーです。見た目は普通のカレーでした。特に神戸牛という主張がなくて正直残念に思いました。続けて来た友達の神戸牛ステーキの方が全然大きくてちょっと後悔しました。
ですが食べてみるとその味の違いに驚きです。いつも自宅で食べているカレーと全く違った高給な味がしました。まさにほっぺが落ちるかと思うくらい美味しくて贅沢してるなと幸せを感じました。

友達と分けっ子して食べてそれもまた楽しかったです。この美味しさのおかげで更に話も弾み、とっても楽しい神戸旅行になりました。
神戸牛カレーは本当に絶品です。帰りにおみやげに神戸牛をしっかり買っていき、今回の贅沢旅行は幕を閉じました。

神戸は色々と高級商品も多くて、見ているだけでも楽しかったです。神戸牛カレーの味、忘れられません。

コンビニデザートで贅沢気分

私は月に一度「ちょっとした贅沢」を楽しんでいます。

パートの仕事なので給料が結構少ないのでいつもは贅沢はしないのですが、毎月一日のみ自分の為にコンビニデザートを5つ買って良い日を作っています。

疲れた時にちょっと甘いものと言いますが、私はストレスが溜まったら甘いものが欲しくなります。

いつもはあまり多くは買えないのですがその日だけは自分の好きなデザートを選んで購入します。
この前は私の大好物であるシュークリームとエクレア、チーズケーキといちご大福とカップケーキを購入しました。どれもとっても美味しくてプチ贅沢だなぁと幸せ気分に浸りました。

甘いものは別腹なのでどれほどでも口に入るので嬉しいです。
日によっては急に体調が悪くなったりして、結局すべては食べられないで家族にあげることはありますが、それでも自分の食べたいと思うものをたくさん買える喜びを味わえます。

この自分で作ったスペシャルデーのコンビニデザートの味は格別でいつもよりも断然美味しくて幸せを感じます。他の人に言っても小さい贅沢だと笑われますが、それでも私の中では幸せな日なのです。
もう少し収入が良くなれば近くの人気のケーキ屋さんで買うのですが、まだまだ安定しない収入なのでそんな贅沢はできません。

早くワンランク上の給料がもらえるように給料アップを目指して、仕事を頑張りたいと思います。コンビニではなく、美味しいケーキ屋さんでケーキを5つ買う日にステップアップできると嬉しいです。

貧乏な自分にとって、贅沢とは

私がこれまでに味わった贅沢は、大学生最後の夏休みに一人貧乏旅行へ出かけたことです。
大学生の長期休みの醍醐味は、クーラーの効いた部屋で漫画を読破したり、見栄のない若いうちに貧乏旅行に出かけることだと思うのです。
行き先は東京を選びました(住まいは関西です)。
貧乏旅行ですので、もちろん新幹線なんて高貴な乗り物を選んだりしません。
出発日の中でも一番安い便の夜行バスに乗りました。
寝るパワーのある若いうちなら、窮屈な車内泊でも案外眠れるものです。
東京に到着して、漫画喫茶に入りまた仮眠を取りました。
漫画喫茶ではコーンスープやソフトクリームがタダで食べられるため、それらを朝食代わりにしました。
東京の漫画喫茶は、ソフトクリームのトッピングの種類が豊富で、たいそう驚きました。
スイーツのタダ食いは贅沢です。
そもそもの旅行の目的は、東京に住んでいる知り合いに会うことでしたので、浅草にも人形町にも原宿といった名所には一度も行きませんでした。
知り合いと下北沢や中野などのゴチャゴチャとした街を巡り、蕎麦屋でお酒をごちそうしてもらい、南千住の格安ホテルに泊まりました。
ボロアパートのような畳の部屋が、何だかとても落ち着きました。
ほどよい旅の疲れとお酒の回り具合のおかげで、朝までぐっすり眠れました。
翌日も同じように、吉祥寺を一日中ブラブラするという暇人めいたことをして、夜になると夜行バスで帰りました。
老舗の喫茶店で食べたナポリタン定食が、とてもおいしかったです。
私にとって贅沢とは、お金をかけることではなく、時間を持て余すことです。

小規模だけど私の贅沢

数年前のこと。ボーナスも出たので、友人と少し贅沢な時間を過ごそうと相談、とある平日に有休を取りました。
まず恵比寿に集合し、岩盤浴へ。日頃のストレスを発散しようと言うことでまずは汗をかくことにしました。
キレイでオシャレな店内で、岩盤浴をゆったりと楽しみました。
岩盤浴を終え少し涼んでいる間にランチタイム。ランチで向かったのはジョエル.ロブション。友人が料理を仕事にしているため、ぜひ行ってみたいと言うことで初めて行ってみることに。
少し緊張しながらお店に入ると高級感漂う店内で、椅子に座るのですら緊張してしまいました。飲み物はワインをオーダー。私はまったくの無知なので友人が選んでくれました。メニューを見ても何が何だかわからない、値段もわからないため、ランチはコースで頼むことにしました。次々に出てくるオシャレで美味しい料理と、それに合うワインを昼間から頂き、なんて贅沢なんだ!と思いました。ランチを終え、しばらく恵比寿をブラブラ散歩。
そして夜は違う友人も合流し、銀座でキハチ イタリアンのディナー。ディナーのコースとワインをオーダーし、昼間のロブションとはまた違った雰囲気で食事とお酒を楽しみました。
岩盤浴でのデトックスで体もスッキリし、美味しい料理とお酒と楽しい友達との時間。この日1日はなんとも言えない贅沢な時間を過ごしました。他の人から見たら些細な事かもしれませんが、私にとっての贅沢な出来事でした。

ミラコスタのスイートルームに泊まりました

付き合っていた彼氏とディズニーランドで泊まりで行った時に、彼の仕事の用事で急ぎの仕事が入ってしまい宿泊せずに帰った事がありました。
その時はすごくショックでだったのですが、どうしても行かなくてはいけない仕事だったので泣く泣く諦めて帰りました。
それが原因で彼氏と少しギクシャクしたのですが、後日罪滅しという事で彼が宿泊費を全て出して、ミラコスタのスイートルームを予約してくれました。
私はまさかそんな事してくれるなんて思っていなかったのでビックリしました。
正直今までも仕事で何度かデートをドタキャンされた事もあったし、その時は謝罪はあったものの仕方がないの一点張りだったので、今回このような事をしてくれたのは本当に驚きでした。
ミラコスタは泊まってみたいと思っていたホテルだったし、しかもスイートルームという所に宿泊した事がなかったので、お部屋に入った時になんて素敵なんだろうと思いました。
部屋からはディズニーシーの港の景色が見えて綺麗だし、お部屋に設置されているアメニティーもすごく可愛くてテンションが上がりました。
他のお部屋に宿泊した事がないので分かりませんが、お部屋全体がミッキーの世界になっていて、すごく贅沢だなと思いました。
お部屋がすごく広くてゆったりしていたし、雰囲気も外国みたいな感じでとても素敵でした。
食事もミラコスタの中にあるレストランでしたのですが、イタリアンのお店でコースを頼んでくれて、とっても美味しかったです。
デザートに出てきたミッキーのグラスもお持ち帰りできるとの事だったので、喜んで持って帰りました。
お部屋だけでなく食事も豪華に頂けたし、本当に贅沢させてもらったと思っています。
この贅沢は今まで経験した中でナンバー3に入る位の贅沢だったのではないかと思っています。